障害者シンクロ指導員となりました

代表の酒井が障害者シンクロ指導員資格を取得しました

現在マスターズシンクロで泳いでいる代表の酒井が、この度障害者シンクロ指導員(アーティスティックスイミング)の資格を取得しました。
少しずつ研修やクラブチームで振付や泳いだりと研鑽を積んできていますが、三鷹でもリズム水泳やシンクロチーム(アーティスティックスイミングチーム)ができるよう活動を増やしていけたらと思っております。
障害も、重度の身体障害の方(肢体不自由で二人介助体制の方や欠損など)から知的障害、聴覚障害など障害を選ばず、思い思いに音楽に合わせて踊ります。

日本では障害者シンクロの全国大会が京都府で行われており、他にもソロ競技会が長野県で行われるなどしてその活動は広まってきています。

東京 障害者 水泳 シンクロ

2019年4月より、日本でもアーティスティックスイミングと言う名称に変わります。
一部の国と地域ではそのままシンクロナイズドスイミングの名称を使うようです(ロシアなど)

皆さま、ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。
ピンときた方はお問合せフォームへお越しくださいね。

// コメントを削除しました。