3年経って、5年経って…

水の好きな子供もいる一方で、どうしても恐怖心が拭えず慣れない子供もいます。

私が担当していたある知的障害のあるSくん(当時小学3年生)は、

顔を水につけるまで5年かかりました。

ワニさん歩きでも、アゴさえ水につけたくない!

そして、アゴが1秒だけ水面についたのは、3年経ってから。

それも手が滑って(本人としては誤って)

「アゴを水につけたくないのに、ついてしまった…」

という本人の中では「失敗」でした。。。

(なのでその後もアゴをつけなかった)

本当に水が嫌だったけどがんばって通ってたと思います(一人遊びだけは好きだった)

もしかしたら、本人も誰も分からないような、辛い体験があったのかなと想像してます。

健常者のお子さんであっても、

『なんとなく、黒が嫌い』

とかありますよね。

さかのぼってカウンセリングすると、

赤ちゃんの頃の体験が原因だったのではと探ることもあります。

大人やそこそこ大きくなったお子さんなら、『そっかぁー』と理解してトラウマを克服することができますが、まだそこまでいかない年齢の子供たちはそうはいきません。

障害があるとトラウマとして残りやすかったり、理解して嫌な記憶を上書きすることも難しいのが現状です。

脱線しましたが…

そんな中で

ずっと諦めず通ってくれたパパに感謝!

そして、

ずっと水に入ってがんばったSくん、本当にすごい!

(年のお休みも3回くらいだった!)

ようやく自分からアゴを水につけてから、

顔をつけるまで約5年かかりました。

いえいえ、

5年間、よくがんばりました♪ですね。

うんうん、本当に

よくがんばりました♪

(緊張して、うぅー、っとガマンの顔をして、チャレンジしてたね)

継続は力と、Sくんから学びました。

Sくん、今はビート板を持ったバタ足に挑戦中です♪

// コメントを削除しました。