障がい者シンクロ教室

リラックスした雰囲気の中の個人レッスンです。
カラダの不調がある方も、障害があってもご安心ください。
スイミングパンツ(プール用紙おむつ)が可能なプールで練習しますので、小さなお子さんからご高齢の方まで年齢問わず楽しめます。
競泳よりも、音楽に合わせて踊ってみたい方、楽しみたい方、しっかりシンクロやりたい方…ぜひお越しください。

はじめは先生やご家族・ヘルパーさんと一緒にデュエット(二人)、慣れてきたらお友達とチームやソロ(一人)にもチャレンジしてみましょう。発表会の場として、秋口に開催の関東大会、5月に京都府で行われる全国大会にも参加します。

【このレッスンでできること】

・完全個人レッスンで、障がい者シンクロができます。
・ご姉弟そろって、水泳個人レッスンが叶います。
例)障害のあるお子さんと障害のないお子さんを、お一人ずつ順番に水泳レッスンしていきます
・ご自身に合った、身体に負荷がからない泳ぎ方が分かります。
・体を壊さない泳ぎ方が分かります。
・音楽が好きな方
・音楽に合わせて踊ることを楽しんでみたい方
(競泳ができなくても、競泳とは泳ぎ方が変わるのでシンクロの泳ぎ方があっている方もいらっしゃいます)
・運動習慣をつけられます。

【レッスンの詳細】

●現在の泳力の目安
・水泳未経験者、顔がつけられる程度の初心者の方

●対象者
☆水泳をはじめてみたい方
☆事前面談に参加できる方
☆ご兄弟でおどったり、介助者の方(ご家族、ヘルパーさん)も一緒にご参加いただけます

以下のような方も積極的に受け入れています
・身体や知的、発達障害、難病等のある方。(医師の許可があれば手帳がなくても大丈夫です。)
・姉弟で水泳レッスンをやりたい方
・体に不調があっても水泳を習いたい方。
・認知症の方、または介護予防で水泳をはじめたい方(失禁などお手洗いのご心配のない方ならご受講できます。お問い合わせください
・自力または介助があれば水着等にお着替えができ、プールへの出入りが出来る方。(赤台からの出入りは除く)
・お教室会場まで来られる方(アクアマルシェ独自で送迎サービスはやっておりませんが、ヘルパー事業所をご紹介できます)
・体にやさしい泳ぎ方を知りたい方。
・運動習慣をつけたい方。

●日時
・土日祝日、平日(9:00~21:00)お問合せください
・ただいま、土曜日・日曜日が大変混みあっております。大変申し訳ございませんが、ご希望の場合はお時間をいただきます。
・1回約1時間※。
※障害が理由でお着替えなどに時間が必要な方のため、お着替え等の時間を含め前後の生徒さんの間をできる限り余裕をもっております。
2018年から、平日の受付が多くできるようになります。
・定休日:木曜日夕方・夜(代表がシンクロナイズドスイミング世界マスターズに向けて練習しています。ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。)

●場所:双方の話し合いで決めた場所(現在、出張はやっておりません)
(活動実績場所)三鷹市(現在の主な活動場所)、武蔵野市、調布市、小金井市、西東京市、練馬区、渋谷区、港区、新宿区、町田市など

●レッスン代 (2017年度にご入会いただいた方特別料金)
1回ごと 2,700円(プールに入ってからゲートを出るまでの1回1時間、保険料、諸経費込み)
2018年度からは下記の通りとなります。

2017年度 ※年度をまたいでも期限内でしたらご利用できます。
回数券 4枚つづり 10,800円(3か月有効)
12枚つづり 29,700円(9か月有効、1回分おトクです♪)

2018年度
回数券 4枚つづり 14,400円(3か月有効)
12枚つづり 39,600円(9か月有効、1回分おトクです♪)

●年会費:600円(半年更新)
年度期間(4月~翌年3月)
年度途中に入会された方は、月割り
(例)6月に入会された方は、400円

●おねがい
・水泳というスポーツの性質上、指導員は生徒さんよりも長くプールに入っていることでかなり体が冷えやすい環境にあります。冷えは万病のもととなります。
・個別レッスンのニーズが高く、個別レッスン希望者のお声をお守りするため、また指導員の体を守るため、指導員一人が受けられる一日の定員人数は限らせていただいております。
・指導員が確実に冷えや疲労をとり、次の生徒さんとのレッスンの準備(利用施設へのあいさつをはじめ、水泳指導の勉強や障がいや疾病についての勉強等含む)のため、待ち合わせはプールの中で行わず、レッスンが終わったら一回ずつプールを出ております。
・特に女性指導員は冷えないように細心の注意を払っております。アクアマルシェの指導員が健康であることは、大事な命をお預かりして水の事故を未然に防ぐために一番大切なものです。指導員活動を長く続けるために、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


気になるハンドブックの中身はこちらから