【国際資格発行】MFAベーシックプラスコース

mfa_tclogo_w100MFA 応急手当 障害者とてもリラックスした雰囲気の中で、女性インストラクターがやさしくしっかり丁寧にお伝えします。
小学2年生も理解できる説明なので安心です。
身体や知的に障がいのある方も受講できますので問い合わせください。
「参加したいけど健常者と一緒だとペースについて行けない」
「過去に受けたきりで、ご無沙汰してる」
「今までも講習を受けてきたけど、結局救助はやりたくないと思って帰ってきちゃった」
そんなお悩みをお持ちでも、あなたにできること、一緒に考えてみませんか?

こんなことができるようになります

・人工呼吸ができるようになります
・AEDを使えるようになります
・包帯の巻き方がわかります
・やけど、切り傷、凍傷など日常的に起こりやすいけがの対応方法がわかります
・けがをした人、倒れている人への安心な声掛けの仕方がわかります
・救助者の気持ちの変化を知り、救助者の気持ちのサポートの仕方がわかります

★全項目を修了されると国際資格としてカードが発行されます。
お問合せはこちらから

コースの概要

受講対象者
・身体や知的に障害のある方やご家族の方
・小学生以上の一般市民の方
・企業施設職員の方

受講人数
・2~6名(受講をしないご家族や介助者の方がいる場合、お申し込みの際にお知らせください)

開催日時
・申し込み後、ご相談

所要時間
・6~7時間(参加者のトレーニング受講経験や参加者数などにより前後します。2日間に分けたい方はご相談ください)

出張対応
・あり。障害があって外出が厳しい方、お子さんがいて外の会場へ向かいにくい方、ご相談ください。

受講者使用教材
・テキスト、ポケットスキルガイド、救急計画、実習用品セット(人工呼吸バリア、保護用手袋、包帯、ガーゼ、ジップロック袋)

スキル実習
・小グループに分かれてしっかり基本的な応急手当やCPR等の練習をします。障害のある方の工夫など、配慮しながら進めていきます。

受講費用
・お一人さま¥10,000(上記の教材、国際資格発行手数料 込み)他の割引はございません。

★当センターで受講された方の更新受講の特典を企画しています♪

介助者
・付き添いの場合は受講料はいただきません。介助者の方も受講される場合、受講料が必要です。

コースの進め方

①はじめに、DVDの映像を観ます。

MFA 応急手当 障害者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②インストラクターの見本を観ます。

MFA 応急手当 障害者

 

 

 

 

 

 

 

 

③次は皆さんの番です!

MFA 応急手当 障害者

 

 

 

 

 

 

 

 

この「聞いて、見て、やってみる」の、心理学的にも取得しやすいと言われる「サンドイッチ方式」で繰り返し進めていきます。
お配りする教材で何度も練習するので、初めての方でも大丈夫です。
皆さん、自信をもってお帰りいただいております。
お問合せはこちらから

■受講者の声

・重度の身体障害です。息を吹き込むことはできないと思っていましたが、高さを変えれば何とかできること、またできなくても頭を固定するなど「できることと、できないこと」が「空想」ではなく、明確にわかりました。(重度身体障害・肢体不自由)

・別の機関で受講したときは、「やりたくないな」と思って帰りましたが、今回受けてみて「自分にできることはしよう」と前向きに思えました。(身体障害・肢体不自由)

・初めてでしたが、知り合いの健常者と一緒に受講しました。少人数だったので、質問もしやすく、みっちり練習できました。帰ったらテキストをもう一度読みます。(身体障害・肢体不自由)

よくあるご質問

MFA 応急手当 障害者Q身体障がいがあるけど、できるのかな?
ーはい、できますよ。お体の状態に合わせた工夫や代替え案をご提案します。少人数なので、実技の時間も多く取ることができ、たくさん練習できます。応急手当は一人ですべての工程を行うものではありません。一緒に考えていける時間があることも、私たちの講習会の特徴です。

 

MFA 応急手当 障害者Q知的障がいがあります。周りについていけるか不安です。参加してもいいですか。
ーもちろん、参加ください。小学2年生のお子さんも分かる、かみ砕いた説明をしております。少人数で行うので、その場で聞き取れなかったところや分からなかったところをドンドン解消しながらやってみましょう。

 

MFA 応急手当 障害者Q家族や支援者と一緒の参加はできますか?
ーはい、できますよ。受講生としてではなく、付き添いのみで介助者の方が同席される場合は、介助者の方が何名いらしても介助者の方の料金はいただきません。申し込みの際に、介助者の有無、受講生としての参加か付き添いさんかなのかを予めお伝えくださいませ。
ご家族のいらっしゃる場合、いわゆる保育スペースの確保ができない事情がございますが、ご家族のみのご参加にすることができます。また部屋も和室が基本のため、赤ちゃんや幼児の方が横になることができます。周りの方を気にせずご受講いただくことができます。こちらで準備する部屋によるため、お申し込みの際にお申し付けくださいませ。

MFA 応急手当 障害者Q施設職員です。エピペンの使い方を知りたいです。
ーはい、エピペンの講習もありますよ。オプションとして、エピペンの練習も、その他の傷害の応急手当の仕方を含めて行うことができます。オプションは無料で行っております。オプションを加えても、受講時間は7時間以内に皆さま収まっております。

 

MFA 応急手当 障害者Q小学生の参加もできますか?
ーはい、もちろんご参加いただけます。小学2年生のお子さんもたくさん練習していただき、無事に国際資格が発行されました。

 

MFA 応急手当 障害者QLGBT+です。周りを気にしてしまい、参加しにくいのですが。
ーご安心ください。もし他の方が気になるようでしたら、LGBT+のグループやお知り合い同士でご参加いただくことができます。他の方の目がないので安心してご参加いただけると思います。

 

 

MFA 応急手当 障害者Qトイレ休憩をたくさん入れてほしいのですが…。またトイレに時間がかかってしまいますが…。
ーはい、もちろん回数を多めにとることも時間を長く取ることも、講習会の始めに確認して予めトイレ休憩ができるように配慮いたします。

ご受講はこちらから

ピンときた方、受けてみたい!と思った方、お問合せはこちらから